銀歯🦷

こんにちは。歯科助手の紺野です。

どんどん寒さも本格的になってきましたね🥶

みなさん体調には気をつけてくださいね!!

さて今回は「銀歯」についてお話していこうと思います!!

皆さんのお口の中には銀歯ありますか??

今現在お口の中に銀歯がある方も今から銀歯を入れる治療をする方も知っていただければと思います😀

★そもそも銀歯とは??

歯科で使う金属は、銀だけでなくパラジウム、金、銅、イリジウム、インジウムなど、さまざまな金属が含まれています。

★では、銀歯を入ってることでのデメリットとは??

1.金属アレルギーになる可能性がある

金属アレルギーというとネックレスなどで首の周りが赤くなったりかゆみがでたりするというイメージを持つ人が多いと思います。銀歯を入れることも金属アレルギーの原因となることがあります。銀歯などの金属のかぶせものをいれてから時間が経って皮膚に炎症やかゆみがある場合はご相談ください。皮膚科の受診も必要な場合があります。

2.歯周病になりやすい

表面に傷がつきやすく劣化してきやすいため、細かい傷がある部分や劣化した箇所に汚れがつきやすくそのままにしてしまうと歯茎の炎症が起きたり歯周病になったりするリスクがあります。

銀歯と歯茎の境目、段差部分は、特に汚れがついて残りやすい箇所です🥲

3.2次虫歯になりやすい※1

食べ物を食べたり歯を食いしばったりすることで、劣化したり、変形することがあります。

そうすると、上記のように歯と銀歯の間に隙間ができ、そこから虫歯菌が侵入しやすくなります😢

隙間から侵入した虫歯菌のせいで、銀歯の下に虫歯ができてしまうと、発見しづらく気づかないうちに虫歯が進行するリスクがあります。

4.メタルタトゥーになってしまう

金属が錆びて溶け出し、歯ぐきに沈着してしまうことです🥶

銀歯は錆びやすいため、少しずつ金属が溶け出して歯ぐきの色が変わってしまうことがあります。

沈着してしまった表面の歯茎をレーザーで剥がすしか治す方法はありません、😢

また、行っても銀歯自体変えなければ再発してしまいます。

他にも

色が目立ってしまうなど審美的な面がございます。

※1再び起こる虫歯のこと虫歯の再発

ここまでだと悪いことしかないんじゃないか!と思われるかと思いますが、

保険適用で治療ができる!

丈夫な材質です!

これから治療する方や、お口に銀歯がある方など

気になる時はご相談ください。

保険適用の材質やセラミックなどの自費診療の詳しいお話をさせていただきます🙇‍♀️