かさはら歯科医院から車で10分 七十七銀行卸町支店近く卸町会館 駐車場利用可能

歯石取り

 

みなさん、こんにちは!

おろしまち歯科医院、

歯科衛生士の本田です(*⁰▿⁰*)

 

毎日、新型コロナウイルスのニュースで

ニュースを見るのも疲れてきました_:(´ཀ`」 ∠):

宮城県でもつい先日、感染者が発覚し、

みなさんさらに心配に拍車がかかっていますね。

いま一度、予防方法について確認しましょう。

基本的には風邪やインフルエンザと同じで、

手洗い・うがい、人混みに行かない…です!

 

さて今回は、歯石取りについてお話しします。

歯石とは、むし歯菌や歯周病菌が石灰化し、歯に強固にこびりついたものです。食べカスとは違いますので注意です!

歯石は、歯ブラシで磨いたり、糸ようじをしても取れない汚れになります。

それらを取るのが歯石取り=スケーリング(専門用語)です。先生(歯科医師)と歯科衛生士が歯石取り(スケーリング)を行うことができます。

歯石取りで扱う道具は、超音波スケーラーか手用スケーラーが一般的です。

ほとんどの方が経験があると思います。超音波スケーラーとは、お水を出しながら、「キンキンキーンッ」というような音を出しながら歯に響くような感じがするあの機械です!笑

実はあの機械はとても多い振動で、震えており、それによって歯石を砕いて取る機械になります。どうしてお水が出るのかというと、振動により歯に対して摩擦が起きてしまうので、それを注水によって緩和しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、手用スケーラーとは、その名の通り、手で力を加えて歯石を取る道具です。もちろん振動などはなく、お水も出ませんので、お子さんの少量の歯石を取ったりするのには、こちらを使うことが多いです。しかし、刃物になりますので、使用するときは、患者さんには動かないように指示をします。使い方を間違えれば、唇や歯茎を切ってしまったり、歯に傷をつけてしまいますので、まれに市販で薬局などで、販売されていますが、できれば使用は控えていただき、歯科医院で専門スタッフ(歯科衛生士)に歯石を取ってもらうことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に、大人の方(16歳以上)の定期検診では、短いお時間で効率的に歯石や歯垢を除去するために、超音波スケーラーを使用します。お水を使用しますので、知覚過敏の症状がある方は事前にご申告いただければ、パワーを弱めたり、症状がある歯を除外させて施術いたします。気軽にご相談くださいね(^ ^)

 

先程もお話しした通り、歯石がつくと、歯ブラシや糸ようじでも落とせません。定期的な検診やお掃除を受診し、お口の健康を守っていきましょう!(o^^o)

インドアビュー