かさはら歯科医院から車で10分 七十七銀行卸町支店近く卸町会館 駐車場利用可能

セラミック治療~動画で説明~

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市若林区おろしまち歯科医院をいつもご利用いただきありがとうございます!

 

当院では治療を始める前に必ず「どのような治療の選択肢があるか」を患者さんに説明し、患者さんが希望する方法を確認し納得していただいてから治療を始めていきます。特に患者さんによく考えて決めていただきたい治療が「詰め物」や「被せ物」をする場合です。詰め物や被せ物は虫歯で失った歯の一部を補うもので、体の一部でもあります。ですのでどのような材料を使って治療した方がいいか(見た目のため・健康のため・機能性・経済的な問題)相談しながら慎重に決めて行きたいのです。歯の治療は命に係わる医療とは違うので軽く考えてしまいがちですが、歯は生活に必要不可欠な物で生活の質に大きく関わってくるものだと思います。今日は治療の選択肢の1つである「セラミック」について説明します!!

セラミック治療とは?

虫歯や歯が欠けたりしたときに歯の失った一部を補うために代わりの材料を詰めたり被せたりします。その虫歯や欠けた部分が小さければ、プラスチックを詰めて一回で終わりますが、失った部分が大きかったりすれば強度を増すために(プラスチックは強度が強くないです)型をとって詰め物をはめ込んだり、神経を取った歯だと削った部分が大きいのと、神経を取ったことで歯が脆く欠けやすくなってしまうので、土台をたてて被せ物をしたりします。そこで失った歯の部分を補う材料として金属が用いられることがほとんどでした。(いまでも保険適用の材料として金属が使われていますね)

現代では金属の銀歯(またはゴールド)では見た目的に印象が良くないと不人気の材料になっています。そこで歯と同じように白い材料の「セラミック」を選択する方がとても多くなってきています。

セラミックは硬度が高く丈夫で、プラスチックのように長く使うと変色してしまう・・ということがありません!(プラスチックは吸水性があるので、口の中だと常に食べ物・飲み物の水分を吸収して変色してしまいます)見た目も白くて透明感があって本物の歯に近いです。審美的な問題ではどの材料よりも満足していただけるでしょう。でも、セラミックのすごい所は見た目だけのものではありません・・!!

セラミック治療は見た目だけではない?!

銀歯は見た目が悪いから・・という理由でセラミックを選択する方が多いですが、実は他にもセラミック治療のメリットはあります。銀歯は色々な金属が合わせられている歯科用の合金です。歯に金属を使用することで金属アレルギー症状が引き起こされる場合があります。「私は金属アレルギーじゃないから大丈夫」と思っていても起こる可能性があるので注意が必要です。セラミックですとこの金属アレルギーの心配はありません。

また、金属はイオン化して溶けだしてしまうので歯茎に黒く着色したり、隙間があいてきたり、劣化したところから虫歯の再発に繋がったりしやすいのです。※ゴールドは金属ですが歯に優しい材料です。見た目は賛否両論ありますが・・・

セラミックは歯に強固にくっつくので取れにくいとか汚れが着きにくいとかのメリットもあるんですよ(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

 

セラミック治療の注意点

セラミック治療はとても素晴らしいですが注意しなくてはいけないことがあります。この治療法は保険適用ではないので自費になります。保険適用の銀歯の治療よりも費用がかかってしまいます。また、材料もどんどん進化はしていると思いますが、セラミックは突発的な衝撃に弱いので、硬いものを思いっきり噛んだり、転んでぶつけたりすると欠けたり割れたりしてしまう可能性があります。セラミックを入れる場所によっては先生から強度の強い金属の治療の方が適している・・と判断される場合なども可能性としては考えられます。またセラミックで歯を真っ白にしたい・歯並びを矯正したいという方もいますが、そのために健康な歯を削ってしまうのはリスクが高いので、先生とよく相談が必要になります。

 

セラミックの治療の流れについて説明動画をドクター・スタッフに強力してもらい作成していただきました!実際に動画を見ていただければ治療の内容がイメージしやすくなると思いますので参考に見てみて下さいね(‘ω’)ノ

 

 

インドアビュー