歯の本数を維持するために

皆さんこんにちは!
5月中旬より、おろしまち歯科医院に異動いたしました、横山と申します。
日が経つのは早いもので4月に入社させていただき、すでに2ヶ月が過ぎました…😳
異動により環境は変わりましたが、皆さまの健康のためのお手伝いができますよう、引き続き励んでまいりますのでよろしくお願いいたします!☺️✨

最近は暑かったり寒かったりと気温の変動が激しいですね💦私は寒がりなのでとりあえず上着をバッグに常備して毎日過ごしております。
これから梅雨時期になりますと気圧の変化などもありますので、皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけください🍀

 

皆さんは大人になった時の歯の本数をご存知でしたか?
成人の方の歯は32本で、その中の上下左右の親知らず4本を除けば28本となっています!
この歯の本数に関して、日本医師会らが提唱した「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という「8020(ハチ マル 二イ マル)運動」がございます。「一生自分の歯で食事を楽しみたい!」という方は多いかと存じます。8020運動はそのための必要数値を目標化したものです。
20本という歯の本数は、自分の歯で食べるために必要な歯の本数とされています。これまでに行われてきた歯の本数と食品を噛む能力に関する調査によれば、硬い食品でもほぼ満足に噛めることが科学的に明らかになっているのです。

人が歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。この病気は、実に日本人の80%以上がかかっていると言われています😱
歯周病の予防のためには、日々の歯磨きでしっかりと汚れを落とすことが一番大切なのですが、歯周病のなりやすさには「免疫力」も深く関わっており、日常の生活習慣の乱れが歯周病につながってしまいます。
そこで免疫力を上げれば、歯周病のみならず他の病気の予防につながり、体調も整います。
免疫力を上げるには
・栄養バランスを整える
・節度あるアルコール摂取
・喫煙を控える
・睡眠を十分にとる
といった方法がございます。
歯周病は生活習慣病の一種とされています。日々の生活習慣を見直して、全身とお口の健康を守っていきましょう🦷✨

そして、「食べた後や寝る前に歯を磨く」という基本を忘れないことも大切ですが、その磨き方が本当に歯にとって良いものとなっているのかなど、今一度、健康的な歯を維持するための方法についても見直されてはいかがでしょうか?
歯磨きなどの正しい方法など、ぜひお気軽に歯科医院へご相談ください!