かさはら歯科医院から車で10分 七十七銀行卸町支店近く卸町会館 駐車場利用可能

妊娠中に起こるトラブル

みなさんこんにちは😊仙台市若林区おろしまち歯科医院歯科衛生士の庄子です🌱

すっかり寒くなりましたね〜!あっというまに冬到来ですね!体調を崩しやすい時期なので、体調管理の為に最近は自炊を多くしています😊栄養をたくさんとって風邪をひかないように心がけていけたらと思います!

今回のブログは、妊娠中に起こるお口の中のトラブルについてまとめてみました!

・口の中がネバネバする

・口が乾く

・歯茎から血が出る

これらの症状に心当たりはありませんか?

実は、妊娠性歯周炎の症状なのです

*妊娠性歯肉炎とは?*

妊娠中は女性ホルモンの分泌が盛んになります。

歯周病菌はその女性ホルモンを栄養にし、

歯茎からの出血や腫れを起こします。

出産後、ホルモンバランスが落ち着くと治りますが、そのままお口の中を不衛生な状態にしておくと、歯周病へと進行します。

⚠️トラブル⚠️

早産・低体重児の原因につながります

歯周病菌が原因で子宮を収縮させてしまいます。

歯周病の妊婦さんは早産で低体重児が生まれる危険度が6倍も高くなるのです。

虫歯菌や歯周病菌が赤ちゃんに感染

赤ちゃんの歯が生え始める6ヶ月から乳歯が生えそろう3歳までに菌が感染しないように予防しましょう!!妊娠中期になったら、クリーニングをして清潔に保ち、必ず虫歯治療を済ませておきましょう。

⭐️予防しましょう!!⭐️

⭐️食生活

赤ちゃんの歯を丈夫にするために🌱

赤ちゃんの歯が作られるあごの骨は、妊娠して7週ごろにでき、この骨の中に乳歯が芽生え始めます。

胎児が45ヶ月くらいになると、母体の血液中のカルシウムや、リンが歯の石灰化を促進します。この妊娠中期に母体の栄養状態が悪いと、赤ちゃんの歯が弱ったり、虫歯ができやすい歯質になるといわれます。

丈夫で硬い歯を作るためには、妊娠中の食事に、タンパク質とカルシウムはかかせません。

ビタミンACDも必要なので、毎回の食事は幅広い食品の中から選び、偏食をしないことが大切です!

⭐️ブラッシングのポイント

・ヘッドの小さいブラシを選ぶ(子供用でもOK)

・歯磨剤は使わなくても良い

・食後よくうがいをする

・お風呂で磨くなど気分が良い時に磨く

・できればフロスや歯間ブラシなどの補助用具も使う

・口を開けたまま前かがみになって、かき出すように磨く

⭐️フッ素の効果

・歯の再石灰化を促進する

・フッ素が、歯に取り込まれ酸に強い歯を作る。

・虫歯菌が酸を作るのを抑制する。

フッ素は、歯の再石灰化能力を高めるので初期の虫歯には有効ですが、すでに穴が空いたり、痛みがでてきてるような虫歯はフッ素だけで治ることはありません。フッ素は一度に多量に摂取しない限り人体に問題はありません。

⭐️キシリトールの効果

・虫歯菌(ミュータンス菌)や、歯垢を減らす作用がある「キシリトール」を摂取すると、産まれてくる子供の虫歯菌感染が、抑えられます。

・虫歯菌の感染が遅いほど、虫歯になりにくくなり、母親の心がけが子供の虫歯予防につながります。

キシリトールの効果を引き出すポイント🌱

・食事やおやつの後には必ず噛む

・長時間続けて噛む

・つわりなどで歯磨きしにくい方には、寝る前に噛んでみるとGOOD

インドアビュー