かさはら歯科医院から車で10分 七十七銀行卸町支店近く卸町会館 駐車場利用可能

いっぱりある歯ブラシの種類🦷

こんにちは!おろしまち歯科医医院の歯科衛生士の田中です!だんだん寒くなってきましたね…。もう家の中暖房つけてしまいました!風邪が流行る時期が近づいてきましたので皆さんも体調にはお気をつけてくださいね!

 

さて今回は歯ブラシの種類と使い方についてお話したいと思います!

 

まず皆さんドラックストアやスーパー、もちろん歯医者さんだったりで歯ブラシが沢山置いていると思いますが、なんでこんなにいっぱいあるの…?思われたことは無いでしょうか??

 

歯ブラシは毛の硬さ、ブラシの部分の大きさ、毛の形状などで数多く種類分けされています!ですのでなかなか自分に合った歯ブラシを購入されるのも大変かと思います!

 

今回は簡単に歯ブラシの使い方のおすすめを紹介します!

 

①いつも歯磨きすると歯茎が痛くなってしまう方(主に歯周病の方)におすすめ!ブラシの毛が柔らかい歯ブラシ!!

 

歯茎が痛くなってしまったり、血が出てくると言った方は、歯茎が腫れていたり、歯周病の方、磨く圧が強い方などが多いです!ですのであまりブラシの毛が硬くなく、柔らかめのものを使うと歯茎が傷つかずに磨けます!(歯茎を傷つけてしまうと歯茎が下がってしまう原因になってしまいますよ〜😭)ただ汚れの除去率が下がってしまうのでより適切な歯磨きが大切です!

 

②歯磨きをするとおえっと嘔吐反射が起きてしまう方、歯並びに段差がある方におすすめ!先が細い歯ブラシ!

 

この歯ブラシは普通の歯ブラシと違い、先が細く小さいものです。ですので奥歯を磨くときにおえっとしてしまう方、お口が小さくてブラシが奥まで届かない方、あとは歯並びに段差があり、歯と歯の隙間が磨きにくい方が使っていただくと歯磨きがだいぶ楽になるのかなと思います!矯正をしてる方にもおすすめです!(日常的に使っていただいても問題はありません。)ただ一つだけ、この先の細いものだけだとお口全体を綺麗にするのは難しいので、普通の大きさの歯ブラシ(いつも使用しているもの)と併用して使う必要があります!あくまでも普通の歯ブラシで磨きにくいところを先の細いもので磨くと考えて頂きたいです!

 

③忙しくて歯磨きする時間がない方におすすめ!ブラシの毛の部分が幅広い歯ブラシ!

 

  • 「忙しくて歯磨きができない…」という方にオススメのこのブラシはとにかくブラシの毛の幅が広いです!普通のものの1.5倍くらいあります!大きいブラシを使うことによって一回に歯に当てる面積がとても広いので、スピーディの磨くことが出来ます!元々、手が少し不自由な方、高齢者の方が持ちやすく、磨きやすいようにとできたものですが、今ではこちらを使っていただく方も少なくありません!ただスピード的には早く磨けますが、細かい部分に当てずらいという欠点があります!!

 

今回は3つ程紹介させて頂きましたが、歯ブラシの種類はとても多く、これだという目安があれど自分の使い易いものとは限りません。自分に合った歯ブラシを見つけるのも大切です!!

 

もし歯医者に通っていただいてる中で、自分に合った歯ブラシが分からないという方はスタッフにぜひ質問してみてください!よりその人にあったものを一緒に考えさせて頂きます!

インドアビュー