かさはら歯科医院から車で10分 七十七銀行卸町支店近く卸町会館 駐車場利用可能

薄い入れ歯

みなさんこんにちは。医療法人社団青葉会事務局の庄子です。仙台市若林区おろしまち歯科医院をいつもご利用いただきありがとうございます。

 

口の中に髪の毛が入ってしまったり、何か少しでも異物が入ると「なんか変だな」って違和感を感じますよね?口の中はとっても敏感なのでちょっとでも何か挟まっていたりすれば気付くでしょう。

では、そんな敏感な口の中に「入れ歯」をいれなくてはいけなくなったらどうでしょうか?

実際には入れ歯と上手に付き合っている方もいます。

でも、多くの患者さんが「違和感があって慣れない」とか「吐きそうになる」とか「喋りずらい」とか「つけてるだけで気持ち悪い」という感想を持っていて、どうにかならないかな?と色入と考えましたが・・やっぱり慣れてもらうか、調整に通ってもらいしっくりくるまで経過を見ることしかアドバイスはできなかったです。(インプラントという他の治療法もありますが・・)

髪の毛1本でも違和感を感じる口の中に大きな入れ歯・・・とっても大変なことですよね?

もちろん歯を沢山失わなければ入れ歯になる事はないので是非とも歯のメンテナンスをみなさんには受けてもらうことを強くおすすめします。

でも、すでに総入れ歯になってしまい、入れ歯に違和感を感じている方にはこんな選択肢もあります。

それが「金属を使った入れ歯」です!

 

みなさんがイメージする総入れ歯って絵のようなものですよね?ピンク色のプラスチックでできているもので健康保険を使って作る事ができます。

でも、プラスチックって耐久性にあんまり優れないですよね?大きな力がかかればすぐにヒビが入ったり、割れてしまったりします。その為に、分厚くつくるので口の中に入れ歯を入れた時には厚みがあって違和感を強く感じています。

それが嫌で「もっと薄くしてほしい」という患者さんからの要望も多くありますが、あんまり薄く削ってしまうとすぐに壊れてしまうので、先生も様子をみながら少しずつしか調整できません。

入れ歯の調整に回数がかかるのはこのような理由もあります。入れ歯を薄くしすぎて何回も割れて修理する方もいます。入れ歯って本当に大変です。

では、健康保険適用の入れ歯とは違い、金属を使った入れ歯とはどんなものでしょうか?

絵のように真ん中が金属で作られていてとても薄くなっています。プラスチックの入れ歯に比べると違和感が少なくなります。

また、それだけではなくて金属は熱を伝えやすいので、食事をする時に「あったかい」「つめたい」を感じやすくて、より食事を楽しむことが出来るようになります。

残念ながらこの金属を使った入れ歯は健康保険適用にはならないので費用はかかってしまいますが、入れ歯の違和感で悩んでいる方はこの金属を使ったものに変えてみるともしかしたら改善されるかもしれません(入れ歯は入れ歯なので、それでもやっぱり違和感がある・・という方もいます)

保険適用のプラスチックでできた総入れ歯と、金属を使った入れ歯の厚さを比較した模型を見てみるとだいぶ違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療法の選択肢として参考にして下さいね!

 

 

笑うことやよく噛んで食事を楽しむことは免疫力アップにもなります。歯の治療に不安がある方は治療の説明動画を是非ご覧になって下さい!言葉だけでの説明よりも分かりやすいと思います✨

インプラント動画

 

PMTC・ステインオフ動画

 

ホワイトニング動画

 

セラミック治療動画

 

 

インドアビュー