かさはら歯科医院から車で10分 七十七銀行卸町支店近く卸町会館 駐車場利用可能

乳歯を健康に守っていくためには?②

みなさんこんにちは!

仙台市若林区おろしまち歯科医院の庄子です😊
台風が近づいていますね😱
みなさん雨風には十分気をつけて下さいね😂
今回は前回に引き続き、乳歯についてのポイントをお話しします🌷
今回は小学生へのポイントをお話しします🌿
●子どもの歯ぎしり●
子どもの歯ぎしりのほとんどは一時的なもので、子どもの気持ちが満たされないストレスとして起きていることがあります。また、かみ合わせの調整としてみられる歯ぎしりもあります。ねんれいもと
●あごの発育●
健康なあごを育てるためには、よく噛むことが大事です!あごは誰もが持っている増骨細胞の増加によって育ちます。増骨細胞を増やすのに一番効果的方法はよく噛むこと。できるだけたくさんの食材をよく噛んで食べることで、あごがしっかりと発育し、歯並びや噛み合わせもよくなります。
●おやつの中身●
☆できれば避けて頂きたいこと
・ジュース、乳酸菌飲料、スポーツドリンクを良く飲む
・だらだら食べをする
・砂糖の多いものを食べる
・歯にくっつきやすいおやつを食べる(アメ、キャラメルなど)
☆お勧めしたい習慣
・ご飯やおやつを食べる時間を決めて、規則正しい食生活を送る
・食べ物をお茶、お水、牛乳などの飲み物と一緒に食べる
・おやつにナッツ、野菜、チーズなどを食べる
・食後30分以内に歯磨きをする
●6歳臼歯のケア●
6歳臼歯とは、一番最初に生えてくる永久歯のことで、下顎のかたちを決め、そのほかの永久歯の歯並びや健康状態にも影響します。ここで注意するポイントは、6歳臼歯は乳歯と間違われることも多いため、維持しなければならない永久歯であること!!虫歯にならないように生え始めから注意して歯ブラシをしましょう🌿
小学生のうちは保護者のみなさんの仕上げ磨きが必要です🌷乳歯を健康に守っていくことで、永久歯を健康に保てるのです😊
普段のお子さんの生活状況をよく見てみましょう!そして、今回お話ししたポイントを参考にしてみてくださいね🤗
インドアビュー